今期の優勝は請け合いように思えたユナイテッド

先日のプレミアムリーグ開幕1ウィーク前の定例会合となったコミュニテー・シールド見ていると今年はユナイテッドの優勝で決まりなような予感がしてい来るのでした 。
どうしてもあの期待していたイブラヒモビッチが期待通りの活躍を見せてくれたことが大きいです。
こういう力強いアスリートが新たに組織に加わったのですから優勝はもはや決まりだと思っても不思議ではないでしょう。
プロデュースが変わりアスリートを置き換えると完全に別の組織に変貌したように当てはまるし、新参列のイブラヒモビッチも直ぐに形式戦でゴールしているし、しかもこの男はこれまで優勝請負人の呼び名をほしいままにして来たアスリートなので、こういう上々の出だしからするとマンUの優勝は見えたと言っても過言ではないような気がします。
イブラヒモビッチはプロデュースとの適性も良さそうなのでこれで唯一手にしていないチャンピオンズリーグカップはもらったぜ、とほくそ笑んでいらっしゃるような気がするのでした。
私の見通しが触れることは僅かのですが今ばかりは一番当てはまるという自負めいたものを感じます。

今期の優勝は請け合いように思えたユナイテッド